作成者別アーカイブ: japanjispa

2019年度:輸入車整備の実務(入門編)を開催  

7月10日、11日の一泊2日でJISPA2019年度の技術セミナー「輸入車整備の実務:初級編」が開催されました。会場は三井住友海上火災の千葉研修センター。受講生は12名(JISPA4名、アドバンスクラブ8名)でした。このセミナーはJISPAとエーシー企画の共催にて開催されており、今年で3年目となります。
1日目は座学。
JISPAはその前身のサード・ステージの時代より会員間の輸入車整備に関する情報及びノウハウの共有化に取り組んできました。講義内容は以下の通り。s_IMG_2537

 

(1)輸入車整備、国産車の整備と「どこが」違うの?    平林理事長
現実に工場に輸入車が入庫しても、未経験者であれば「どこから手を付けたら良いのか判らない」状態であり、不用意に手を付けると予想外のトラブルが発生して後悔することになる。
ここでは輸入車整備初体験のメカニックを対象に「輸入車を自社工場に受け入れるために、どのような準備が必要か」を解説する。主な項目としては①必要な設備&ツール②スキャンツール③整備情報④部品及びイラストの入手⑤コーディング⑥故障傾向の把握。等
(2)独立系整備工場の輸入車整備取組事例    平林理事長
長く大切に乗るユーザーが多い輸入車には、独立系整備工場だからできる顧客ニーズに木目細かに対応した整備が可能である。その具体的な事例を写真で見ながら解説する。

(3)輸入車整備作業のノウハウ
輸入車はメーカー別に設計思想が異なり、装置・機構も異なるために、整備に当たり注意すべき点が多々ある。車検や定期点検だけでなく、オイル交換のようなメンテナンスに於いてもオイルレベルゲージが無く、交換オイル量も分からない状態である。
こうした輸入車整備の実務においてメカニックが直面する様々な注意事項を、長年、輸入車整備に取り組んできたJISPAテクニカルアドバイザーが受講者を交えてシンポジウム形式で、ノウハウ及び解決策を考える。

2日目は実技:スキャンツールの使い方を学ぶ

スキャンツールは使えば答え(故障箇所)が分かるテスターではない。
人間の医者が使う「聴診器」のようなもので、ヒントは出るが、これを基に答えを探るのはメカニックの経験と腕とヒラメキなのです。JISPAテクニカルアドバイザーは会員工場のメカニックから相談を受けているが「スキャンツールを使いこなして無い」と思われる質問が意外と多い。
その原因は、スキャンツールは繋げば答えが出てくるテスターだと認識されているからです。

そこで、セミナーではスキャンツールの使用方法について学習します。
①スキャンツールの基礎②作業サポートとしての使用方法③故障診断の基礎を学ぶ(トラブル・シュートは中級編で学習するので、ここでは導入部に止める)。
受講者全員がスキャンツールを「使いこなせる」ことを目指し、全員が実際にやって見て、データを確認し、アクションできるような実務学習に徹しています。

s_IMG_2560

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第6回通常総会を開催 ボッシュが基調講演 来賓にBMW、GMOクラウド

IMG_2098一般社団法人日本輸入車整備推進協会(JISPA、平林潔代表理事)は2019年6月18日に 第6回通常総会を三井住友海上火災保険本社(駿河台ビル)で開催した。2018年度の事業報告と決算報告、2019年度の事業計画、収支予算を審議、了承した。2019年度の事業計画では四つの重点項目を掲げた。

第1に今年度から全国の会員工場を巡回する工場運営アドバイザー制度がスタートする。JISPAに加盟して輸入車ユーザーのニーズ(要望)に応え、JISPAテクニカル・アドバイザー制度等を活用して整備技術力を向上させ、入庫車両に占める輸入車比率を年々、向上させている会員がある一方で、JISPAの提供する様々なシステムの利用度が低く、輸入車整備に対する現況が把握できない会員もいるので、訪問により実態を把握して、情報交換を行い、改善点を探っていく。併せて入会を検討している事業者へ訪問による勧誘を行うことも目的としている。

第2にJISPAの活動を見直すために会員をメンバーとした活性化委員会を年4回開催する。第3にJISPAの会員工場とお客さまを結び、併せて新規会員の勧誘にも使える「JISPA NEWS」(年2回)の発行を開始する。第4に技術セミナー「輸入車整備の実務」(初級編、中級編)の内容をさらに充実させると共に、上級編の開発に着手する。初級編と中級編はテクニカル・アドバイザー(会員工場の工場長クラス)が実務を教えるものであるが、上級編はテクニカル・アドバイザー及び、同等の実力を持つ会員工場の工場長クラスが学べる内容とする。

なお、総会後は、ボッシュ㈱オートモーティブアフターマーケット事業部 テクニカルサービス&サポート部ゼネラル・マネージャー里廉太郎さまより「自動車の革新(先進安全装置の装着・自動運転の進展)と整備業の対応について」基調講演をいただいたほか、来賓であるビー・エム・ダブリュー㈱アフターセール・ディビジョンさまより「イミテーション・パーツを含めた低品質部品使用の危険性と独立系整備工場のあり方に対するご提案」や、GMOクラウド㈱ソリューション事業部さまより「後付けコネクテッドサービス」の説明など充実した内容が続き盛会となりました。

 

大阪府和泉市のロシェル㈱が賛助会員に加盟

輸入車販売と整備及びスキャンツール販売(Launch Techの国内総代理店)のロシエル㈱がJISPAの賛助会員に加盟しました。
Launch Tech Co.,Ltd. は中国、深圳に本社を置く世界的な自動車整備機械の総合メーカーで1992年の設立当初より自動車の外部故障診断機を開発して市場投入しています。2002年には香港証券取引所のグロース・エンタープライズ・マーケット(Stock Code: 8196)、2011年にはメインボード(Stock Code: 2488)にそれぞれ上場しています。同社は最新のコストパフォーマンスに優れた製品を開発し日本市場に参入しました。

 

富山市のJISPA富山(ヤマト電産)が正会員に復帰

4月より富山市のJISPA富山(ヤマト電産)が復帰しました。
同社はJISPAが任意団体(サードステージ)の頃に入会した古参メンバーでした。
この時期は輸入車整備に係わる様々な情報の収集及びその利用方法について試行錯誤していた頃で、総会や委員会でも激論が繰り返されていました。
その議論の結果が、現在のテクニカル・アドバイザー体制と技術セミナーに繋がっているのです。
サードステージより一般社団法人(JISPA)への移行後も同社は正会員を継続しましたが、諸般の事情(メカニックの欠員)により2014年より約5年間休会していました。
この度、メカニックの補充もできたのでJISPA富山として正会員に復帰しました。
休会中はお客様の整備工場を訪問しての故障診断を実施していました。この業務は今後も継続しますが、自社工場で輸入車の修理・整備を行います。
JISPA富山の屋号は、自社工場への輸入車受入開始したのを記念し、従来の業務にプラスした新業態を表すためにネーミングしたものです。

JISPA富山(ヤマト電産株式会社)
930-0108 富山県富山市本郷中部210
☏:076-432-2464

http://yamato-d.co.jp/base1.html

JISPA新会員 有限会社矢吹商会(横浜) 加盟

JISPAの正会員に横浜市都筑区の有限会社矢吹商会殿が入会しました。
同社は入庫台数の60%が輸入車となっており、ボッシュ・カー・サービスにも加盟しています。
また、近隣の工場より輸入車整備について相談されることも多いそうです。
JiSPAでは同社にテクニカル・アドバイザーをお願いしています。

224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町38
☏ 045-933-1777

JISPAは輸入車向けの 「コネクティッドサービス」(GMOクラウド)に取り組みます:2019年2月20日に説明会を開催

GMO クラウド㈱のLINKDrive PRO の活用に向け説明会開催

一般社団法人日本輸入車整備推進協会(JISPA:本部・東京都品川区、理事長・平林潔)は、GMOクラウド㈱の開発したLINKDrive を、顧客の輸入車オーナー向けに装着し、クラウドを経由して顧客の車両データをJISPA 整備工場と共有化することで、安心・安全・快適なカーライフの実現に取り組んでいきます。
現在、自動車メーカー(輸入車・国産車)は新型車についてコネクティッドサービスを標準仕様にしていく方向であり、既に販売した車両についても後付けコネクティッドサービスを販売する動きが出てきています。いわゆる「つながる車」が当たり前になってくる時代が目の前に迫っています。
JISPA は、その前身の任意団体の頃よりユーザー車両の状態を示すデータを通信によって整備工場に取り込む「後付けコネクティッドサービス」の研究と具体的検討を進めてきました。2009 年頃には試作品を完成させる所まで行きましたが資金的な問題で事業化ができませんでした。
その後も研究を続けましたが、GMO クラウド㈱がカーオーナー向けにLINKDrive byGMO を発表した2017 年7月以降に、このデータを整備工場で共有して活用するための研究会(注1)に参加し「整備工場が活用できる情報」「整備工場にとって必要な情報」を選別し、その抽出方法及び具体的な活用方法についてGMO クラウド㈱と一体となり研究してきました。
そのため研究会メンバー各社は相当数のユーザー車両に「リンクドライブ」というコネクティッド端末を装着して実証実験を行っています。
輸入車へのコネクティッドサービスの導入について、同研究会の座長である平林潔氏(玉野自動車社長・JISPA 会長)は以下のように話しています。
「輸入車は常に警告灯の点灯等でユーザーとのコミュニケーションが密接であり、カーオーナーの方も愛車の状態(コンディション)に敏感ですので、車両のOBDデータをクラウド経由で整備工場がチェックできれば、ユーザーに適切なアドバイスをすることも可能です。当社でも、既に30車両程度に装着済ですが、大いにお客様に喜ばれています」。
ただし、実際の工場内での運用については、まだ研究途上であり「色々なシーンで活躍が期待できる輸入車のコネクティッドサービスですから、JISPA会員でさらに研究発展させて行きたい」と抱負を語ります。
JISPA では去る2 月20 日にGMOクラウド開発担当者も出席の上で「JISPAコネクティッドサービス説明会&意見交換会」を実施しました(会場:三井住友海上・駿河台本店新館ビル)。今後、さらに会員への説明と意見交換を推進していくことにしています。

(注1) 三井住友海上がサポートするアドバンスクラブの研究組織ASKnet の中にコネクティッドサービス研究会が作られた。その中に、ASKnet に加入しているJISPA 会員(5社)が参加した。

IMG_9317

 

JISPA正会員 協和自動車㈱サービス事業部 加盟

JISPAの賛助会員である協和自動車㈱のサービス部が正会員として入会しました。
輸入車の整備には定評があり、同社にJISPAのテクニカル・アドバイザーをお願いしています。
同社はボッシュ・カー・サービスの会員でもあります。

協和自動車㈱サービス部
〒134-0072 東京都江東区大島7-12-11
TEL03-3682-7680
同社の入会によりJISPAの正会員は33社、賛助会員2社の合計35社となります。

JISPA技術セミナー:輸入車整備の実務<中級編>受講者満員御礼

2018年度のJISPAの技術セミナーは8月の入門編に続き、3月に中級編を実施します。
中級編 2019年3月6日~7日 1泊2日
昨年と同様にエーシー企画株式会社と一般社団法人日本輸入車整備推進協会の共催にて会場は三井住友海上千葉研修所です。
募集人員は昨年同様に18名ですが、締切り前に埋まってしまい、キャンセル待ちが出る程です。
本年は開講時間を午前10時とし、地方の方が参加し易いよう配慮(昨年は午前9時に開講でしたが、この時間ですと遠方からの参加の場合前泊が必要)。
さらに、座学は情報の一方的な伝達ではなくシンポジウム形式を導入しました。
中級編の参加者はそれぞれの工場でリーダー的存在のメカニックですので、相互の情報交換が一番役立つとの判断です。

<輸入車整備の事例を通して実務を理解する>
JISPA平林会長をコーディネーターとして、輸入車整備の様々な事例と解決方法を具体的かつ実務的に学ぶ。
実際に会員工場に入庫した車輌の整備課程の連続写真を映写して、修理方法の探り方、修理方法・解決方法を探るシンポジウム。
議題としては、
☆警告灯の点灯とトラブル・シュート(車検時の対応)
☆2014年OBD車検の導入と整備工場の対応
☆整備工場と輸入車ユーザーの車両を結ぶコネクテッド・サービス
1日目の午後及び2日目はスキャンツールを使用したトラブルシュート実習となります。