JISPA 工場研修制度スタート 2015年11月~

輸入車整備の実務はノウハウの固まりです。
外部故障診断装置(スキャンツール)を購入しただけで車両の診断ができるわけではありません。
スキャンツールは電子的に車両の状態を把握するための「聴診器」に過ぎないからです。
これを、どのように使用して故障原因、不具合原因を探っていくか?
これは長い経験に裏打ちされたノウハウがあってこそ可能になります。
故障原因が分かって、いよいよ整備に取り掛かる時、どのような専用工具が必要なのか。
どこで入手できるのか?
整備要領書、配線図等の入手方法から部品調達の方法まで・・。
JISPAの工場研修はOn the Job Training 仕事を通じて実戦的に学びます。

あああ