カテゴリー別アーカイブ: プレスリリース

JISPA 実車を使用した「輸入車整備入門」セミナーを開催

講師陣は「JISPAテクニカル・アドバイザー」が担当
三井住友海上千葉研修所にて2泊3日の実戦的なセミナー
エーシー企画株式会社、JISPAの共催

 一般社団法人日本輸入車整備推進協会(JISPA)は、エーシー企画株式会社との共催で輸入車整備セミナーを開催します。
 JISPAでは会員整備工場のメカニックを対象にした独自のカリキュラムによる「技術セミナー」を2014年より実施して来ましたが、過去の3年間は座額が中心でした。本年度は、これをグレードアップして、6月19日(月)~21日(水)の3日間、千葉県印西市にある三井住友海上千葉研修所にて2泊3日のセミナーを実施します。
 対象は新規会員より要望の多い「実際に自動車整備作業に携わっているメカニックで、主に国産車を整備しているが、時々入庫する輸入車の整備もやってみたいと思っている」レベルとしました。
 講師はJISPA認定のテクニカルアドバイザー(会員工場の工場長レベル)で、輸入車整備の先輩より、実戦的なノウハウを学べる以下のカリキュラムとなっています。
(1)何故、今、輸入車整備なのか?(オリエンテーション)
(2)輸入車整備を行う際の「障害」を克服するための実戦的知識(座学)
(3)輸入車整備の実務
(4)トラブルシュート実習

 

JISPAは延長保証サービス会社、TWGワランティサービスIncと業務提携

中古車オークション会社最大手、ユー・エス・エスの輸入中古車延長保証制度における保証修理を受託

 一般社団法人 日本輸入車整備推進協会(略称JISPA:代表理事 平林潔)は米国・シカゴに本社を置く世界的な延長保証サービス会社、TWGワランティサービスInc(以下、TWGと略す)の日本支社と提携して、同社が提供する延長保証制度に於いて発生する保証修理を受け持つことになりました。
 TWGからJISPAが委託された業務は「延長保証制度に於いて発生する故障車の保証修理」となります。
TWGは全ての都道府県を網羅する保証制度専用の自動車修理ネットワークの構築を目指しており、一方、JISPAも輸入車・国産車を問わず、自動車修理のプロ(独立系整備工場)の全国ネットワークの構築を目指しています。
 この提携の最初の仕事は中古車オークション最大手、株式会社ユー・エス・エスが2016年12月13日より導入した、中古車延長保証制度「車両保証Q」となります。

<TWGについて>
 TWGは1964年の創業の延長保証のパイオニアであり、現在、世界31ヶ国で保証サービスを提供しています。日本への進出は1996年で、すでに20年にわたり家電、パソコン、カメラ、自動車、住宅機器等の延長保証サービスに実績があります。
 なお、TWGは自動車の延長保証でスタートした会社で、世界各国で自動車の延長保証ビジネスを展開しています。

<延長保証とは?>
 延長保証(ワランティ)システムとは、メーカー保証終了後の一定期間、保証規程に基づき、その期間に発生した製品の故障・不具合に対する修理を無償で提供するシステムです。エンドユーザーは保証システムを付与する製品購入時に、保証料を支払うことで、安心の修理保証を受けることができます。このシステムは欧米で生まれ、現在では日本でも広く認知され、電化製品をはじめ様々な製品に付与されています。

ボッシュカーサービス全国技能コンクールでJISPAテクニカルドバイザーが準優勝

第1回「ボッシュカーサービス全国技能コンクール」が開催され、JISPAの恩田アドバイザー(玉野自動車)が準優勝の栄冠を手にしました。
一昨年、BCS関東甲信越ブロックで技能コンクールが開催されて、恩田アドバイザーは準優勝となりました。
今年は全国レベルでの初めての技能コンクールでした。

全国のBCS加盟工場から約230名が予選に参加しました。
東北北海道、関東甲信越、中部関西、西部の4ブロックから予選を勝ちぬいた上位2名、計8名が本選に進みました。
本選は丸一日かけて、学科と実技で競われました。
結果、恩田アドバイザーは準優勝となりました。

<JISPAのテクニカルアドバーザー制度>
整備工場の先輩メカニックが修理の勘所を後輩に教えるように、JISPAでは「メカニックが仲間同士で教えあう」制度があります。
JISPAは実務に携わる優秀な現役のアドバイザー体制(工場長クラス)によって会員工場の技術支援をしています。

日刊自動車新聞社「整備戦略」2016年12月号特集「輸入車整備の波に乗る」にJISPAが紹介される

日刊自動車新聞社「整備戦略2016年12月号」で輸入車整備の特集がありJISPAが紹介されました。
JISPA本部への取材記事(2ページ)
JISPAチーフテクニカルアドバイザーの前川氏が工場長を勤める小林自動車修理工場の記事(2ページ)。
JISPA会員(栃木のステップネットワーク)への取材記事(2ページ)
JISPA賛助会員(ハート・インコーポレーテッド)への取材記事(2ページ)
が掲載されました。

JISPA、ハートインコーポレーテッドと提携

JISPAは電子制御回路製品に関する設計、開発、修理、コンサルタントを主要なビジネス領域とするハートインコーポレーテッド(本社:神奈川県厚木市、秋庭靖久社長)と提携した。
自動車の電子化が急ピッチで進む中で、電子部品の修理は今後、車両のメンテナンス費用を下げる上にも重要なテーマである。
日本の現状では電子部品が故障した場合は、一体で新品部品と交換するしか方法はなく、年式の新しい車両なら交換する部品が供給されるが、クラシックカー、年式の古い車、スーパーカーなどは部品そのものが製造中止になっている場合もあり、そのため修理不可能というケースも多い。
一方、欧米では電子部品の修理・リビルトの専門業者が存在し、お気に入りの愛車に長く乗りたいというユーザーのニーズの応えている。
ハートインコーポレーテッドの秋庭靖久社長は、1989年に米国の半導体メーカー(現、テキサス・インスツルメント)に入社して以来、MRI,CTスキャナー等の医療器具、電気機械から軍事衛星用途向画像認識回路に至るまで、電子制御回路の設計に取り組んできた、この道のプロであるが、2014年に独立して、自動車電子部品の修理をメイン業務とする新会社を設立した。
◎輸入車、希少価値絶版車、高級輸入スーパーカー用の電子制御装置(ECU)の修理・新規設計。

JISPA会員の工場においても、輸入車の電子部品の故障は数多く入庫しており、ハートインコーポレーテッドとの提携により、電子部品分野の修理に関する研究を続けていく考えだ。

 

 

JISPA 第1回 オーナー研修 輸入車の入庫促進にために

工場研修はこれから輸入車整備に取り組むメカニックが対象。
技術セミナーは整備現場の第一線のメカニックが対象。
オーナー研修は経営者対象です。
第1回のオーナ-研修は輸入車の入庫促進のためのホームページ戦略。
合わせてハートインコーポレーテッドの秋庭 靖久社長を講師に迎え、
自動車の電子制御とECU等、電子部品の修理について学びました。

日時:平成28年2月23日(火) 14時~17時
会場:川崎市 アルセアパーツサービス会議室
(1)開会の辞 14:00JISPA 白柳事務局長
(2)講演 90分程度
「輸入車整備の顧客を激増させるホームページ戦略」
会員工場の事例をもとに、効果的なホームページの作成方法を学ぶ。
JISPA 会長 平林 潔
(3)輸入車ECUのリビルトについて 60分程度+質疑応答 15:30
ハートインコーポレーテッド 秋庭 靖久 殿
エンジニアとして国産・輸入車のECUのリビルト(筐体内のIC交換&回路改善)などをビジネスにしているハートの秋庭社長に話を聞きます。

JISPA 工場研修制度スタート 2015年11月~

輸入車整備の実務はノウハウの固まりです。
外部故障診断装置(スキャンツール)を購入しただけで車両の診断ができるわけではありません。
スキャンツールは電子的に車両の状態を把握するための「聴診器」に過ぎないからです。
これを、どのように使用して故障原因、不具合原因を探っていくか?
これは長い経験に裏打ちされたノウハウがあってこそ可能になります。
故障原因が分かって、いよいよ整備に取り掛かる時、どのような専用工具が必要なのか。
どこで入手できるのか?
整備要領書、配線図等の入手方法から部品調達の方法まで・・。
JISPAの工場研修はOn the Job Training 仕事を通じて実戦的に学びます。

JISPA 第1回 技術セミナー開催  2014.11.20

JISPA独自の技術セミナーは発足以来の課題であったが、会員アンケートでニーズを汲みあげ、設立2年目にして初の技術セミナーを開催しました。
JISPAは2014年2月にテクニカル・アドバイザー制度をスタートさせましたが、JISPAのテクニカル・アドバイザーと会員工場の現場で実際に輸入車の整備に携わっているメカニックの方々との関係を強化し、意思の疎通を図ることが重要です。
また、テクニカル・アドバイザーは問い合わせのあった輸入車両の修理に関する回答を与えるものではなく、情報とヒントを提供するものです。現場のメカニックは、情報とヒントを元に自己の責任において修理に取組むわけですから、現場メカニックの輸入車整備対応能力を早急に向上させるのが喫緊の課題となります。

技術セミナーの目的は以下の2つです。
①JISPAテクニカル・アドバイザーと会員工場の現場(メカニック)とのコミュニケーション向上、相互理解促進。
②JISPA会員工場の輸入車整備対応力の向上
JISPAのテクニカル・アドバイザーは輸入車整備に実績のある工場の現役の工場長です。そこでセミナーの内容は、会員工場が輸入車整備に取組むための具体的な方法を伝える、極めて実効性のあるものとなります。また、JISPAの仲間としてテクニカルアドバイザー体制を強化していくためのルールについても共に考えていくことにしています。

JISPAテクニカルアドバーザー制度 トライアル導入

JISPAの主要な事業計画に「会員工場向けテクニカルサポート体制の構築」があります。

協会に収集した各種の整備情報は、会員会社の日々に作業現場でタイムリーに使用できなければ意味ありません。

そこで会員工場のメカニックの中から協会認定のテクニカル・アドバイザーを任命し、会員からの問い合わせに対応することにしたものです。

自動車整備機器メーカーや損害保険会社の行なうサポートシステムとは異なり、輸入車整備を行う現場のメカニックの自主的な助け合い及び情報交換を狙いとしたものです。

テクニカルアドバイザーは工場長、あるいは第一線のメカニックですから、日々、車の下に潜って仕事をしているわけで、会員からの問い合わせは、その合間を縫ってということになります。

当然、社長の理解がなければこのシステムは成り立ちません。

一方で、テクニカル・アドバイザーからは会員から質問が来ることにより「自分の勉強にもなり、情報も集まるので、是非、やりたい」との声が聞かれました。

今回、JISPAは3名のテクニカル・アドバイザーを任命し、本日よりトライアル運用を開始しました。

トライアル期間終了後は、問題点を整理し、改善策を策定、本格運用に繋げる計画です。

JISPA 第12回 IEEAで輸入車整備セミナー開催

JISPAは3月13日(水)から15日(金)まで3日間、東京ビッグサイトで開催される。
第12回国際オートアフターマーケット EXPO2014に協賛し、会期中に輸入車整備セミナーを開催します。

日時:3月13日(水)13;45分から14:30分

開催場所:東京ビックサイト 西ホール 会場D

講師:平林潔 JISPA 代表理事

テーマ:輸入車整備が抱える現状の課題とその対応

受講料:1000円

http://www.iaae-jp.com/conference/pay/index2.html