JISPA技術セミナー:輸入車整備の実務<中級編>受講者満員御礼

2018年度のJISPAの技術セミナーは8月の入門編に続き、3月に中級編を実施します。
中級編 2019年3月6日~7日 1泊2日
昨年と同様にエーシー企画株式会社と一般社団法人日本輸入車整備推進協会の共催にて会場は三井住友海上千葉研修所です。
募集人員は昨年同様に18名ですが、締切り前に埋まってしまい、キャンセル待ちが出る程です。
本年は開講時間を午前10時とし、地方の方が参加し易いよう配慮(昨年は午前9時に開講でしたが、この時間ですと遠方からの参加の場合前泊が必要)。
さらに、座学は情報の一方的な伝達ではなくシンポジウム形式を導入しました。
中級編の参加者はそれぞれの工場でリーダー的存在のメカニックですので、相互の情報交換が一番役立つとの判断です。

<輸入車整備の事例を通して実務を理解する>
JISPA平林会長をコーディネーターとして、輸入車整備の様々な事例と解決方法を具体的かつ実務的に学ぶ。
実際に会員工場に入庫した車輌の整備課程の連続写真を映写して、修理方法の探り方、修理方法・解決方法を探るシンポジウム。
議題としては、
☆警告灯の点灯とトラブル・シュート(車検時の対応)
☆2014年OBD車検の導入と整備工場の対応
☆整備工場と輸入車ユーザーの車両を結ぶコネクテッド・サービス
1日目の午後及び2日目はスキャンツールを使用したトラブルシュート実習となります。