日本輸入車整備協会とは

日本輸入車整備協会が目指すもの
活動報告
組織図
日本輸入車整備協会 入会案内
JISPA所在地
会員企業一覧

 

 

日本輸入車整備協会は、厳しい審査を経て登録されている、輸入車整備事業者の全国ネットワークです。
電子診断のデータに基づき、車輌の環境性能・安全性能・乗り心地を自動車メーカーの工場出荷時(新車)の状態に戻す新時代の診断整備を目指します。

輸入車オーナーの方へ

自動車整備工場の方へ
提携希望の企業さま

最近、輸入車(新車、中古車)に乗りたいと思うユーザーは増加しています。
輸入車の修理は輸入車の販売店(ディーラー)が一番、確実であることは否定しませんが、
整備専業工場という選択肢もあるのです。
また、輸入中古車を中古車販売店で購入したユーザー、車齢が8年~12年、さらに長く大切に愛車を乗り続けたいユーザーは、身近な場所に愛車の整備や修理を依頼できる工場を求めています。
しかし、ユーザーが整備工場に整備・修理を依頼したいと思っても「何処の工場に依頼すれば安心かつ納得できる整備を提供してくれるのか」がわからないという現状があります。

一般社団法人日本輸入車整備協会(JISPA)は、そのようなユーザーの要望に応えることができる整備事業者の全国ネットワークの構築を目指し、輸入車ユーザーの整備の選択肢の一つとして ホームページや雑誌記事・広告等の手段を使い、積極的にユーザーに働き掛けていきます。

技術力と情報力で、納得のいく整備を目指します

JISPA入会案内

  アルセアパーツサービス