カテゴリー別アーカイブ: 新着情報

JISPA通信60号 JISPA技術セミナー:輸入車整備の実務<入門編>開催 

2018年8月22日から24日の3日間、JISPA技術研修 輸入車整備の実務<入門編>が三井住友海上千葉研修所にて開催されました。
今回は猛暑×お盆明けという多忙な時期であったため受講者数の確保では苦戦しました。
JISPA会員3名(日免オートシステム様、田代車輛整備工場、朝日自動車)、アドバンスクラブ会員8名の合計11名の受講者で実施しました。
初の女性の受講者も1名でした。
入門編は今回が2回目ということで、前回の受講者アンケートを分析して改善を行い、結果として良い評価を受けました。
今回の受講者アンケートの結果
・たいへん良かった 6名
・よかった     5名

JISPA技術セミナー 輸入車整備の実務(中級編)開催 

 一般社団法人日本輸入車整備推進協会(JISPA)は、エーシー企画株式会社との共催で輸入車整備セミナーを開催しました。
 JISPAでは会員整備工場のメカニックを対象にした独自のカリキュラムによる「技術セミナー」を2014年より実施して来ました。
 2017年6月にはエーシー企画株式会社と共催で、三井住友海上千葉研修所で実車を使ったセミナーにグレード・アップ。
 初年度は入門編を開発、今年度は中級編を開発しました。、
 対象はスキャンツールを使用したトラブル・シュートを経験したことにある中堅メカニック。
 講師はJISPA認定のテクニカルアドバイザー(会員工場の工場長レベル)で、
 輸入車整備の先輩より、実戦的なノウハウを学べる以下のカリキュラムとなっています。

 今回のテーマは自動車技術総合機構の「審査事務規定第6次改定」及び「第7 次改定」の解説。
 点灯している状態では車検が受けられない警告灯の種類と、その場合の対処の方法をトラブルシュート実習により学ぶものとしました。。
 
 IMG_9780